アーティスト 小関資朗さん

ある時、私の携帯が鳴った。そのお声は、尊敬するアーティストの小関資朗さん。気さくに声を掛けて下さいます。

「今度作品展をするから、良かったらいらして下さい。」とお誘い下さり、私は間もなく「はい、伺います。」と返事をした。

展示されている作品は、版画アーティストの小春さんとのコレボレーションで、作家名 Pingleeさん(= 小春さん + 小関さん)として出展。小春さんの凛とした赤バラの絵を背景に、小関さんの愛らしい豚のキャラクターは、はじめは違和感を抱くも、そのうちに映画ミュージカルを見ているような感動が湧き起こります。

HAND繋ぐ-7人のアート展 ポスター*
Pinglee 作

* ポスターの撮影・掲載許可を頂きました。

グラフィックデザイナーとして長年ご活躍された後、現在はパソコンで絵画を描くアーティストとして作品を制作されています。航空機マークのデザインも手掛けられ、航空機好きの仲間達を通して知り合えたお人です。いつも話の中から出てくる様々なアイデアは、本当にお洒落な言葉ばかり。いつまでも聞きたいと思います。

小関さんが関わった作品の中に詩画集があります。癒やされて勇気づけられて、いつもエネルギーを頂いています。詩画集の中から花笑みを感じる1節を記します。

詩画集 「いつか きみの花咲く日に・・・」
Be Ambitious より
作:まき たかし 絵:小関 資朗

すい! すいっ! すうい!
遥かな宇宙から
今 光一つは
きみの明けの星
きみの夢運ぶ
おおらかな愛の銀河の流れに
すうぃ! すいっ! すうぃ!

<3節の中の1節を抜粋>
* 作品の掲載許可を頂きました。

こちらは、2017年行われた第67回モダンアート展のギャラリートークの講師をされている様子。小関さんの興味深いお話です

カテゴリー: