誕生石について

鉱物の結晶系フランス鉱物学者 ルネ ジュスト アユイより
鉱物の結晶系
フランス鉱物学者 ルネ ジュスト アユイより

誕生石についてのおはなしです。
誕生石は、月ごとに決められた守護石と言われています。旧約聖書に登場する12の宝石を起源として、さまざまな系統の誕生石が生まれました。それを整理したのが、アメリカの宝石学者クンツ博士(宝石クンツァイトの発見者。石の名は、博士の名前が由来)。1912年、アメリカの宝石業界が世に広め、その後、イギリス、日本でも発表されました。他にカナダ、オーストラリア、フランスにもあります。宝石の種類は各国により、多少違いがあるようです。ここでは、一般的に知られる石の種類を記載しました。

1月
Garnet(ガーネット)和名: 柘榴石 ⇒ 硬度: 7~7.5 特徴: さまざまな色、種類があり、一般的に処理をされることのない天然石

2月
Amethyst(アメシスト)和名: 紫水晶 ⇒ 硬度: 7 特徴: クオーツ(水晶)グループの中でも、最も価値が高い

3月
Aquamarine(アクアマリン)和名: 藍玉 ⇒ 硬度: 7.5~8 特徴: 時にキャッツアイ、スター効果も見られる、エメラルドと同種のべりルグループに属す
Blood Stone(ブラッドストーン)和名: 血玉石 ⇒ 硬度: 6.5~7 特徴: 不透明の濃緑色に赤い斑点がある、クオーツ(水晶)グループの中のカルセドニ―(潜昌質)種に属す
<日本>Coral(コーラル)和名: 珊瑚 ⇒ 硬度: 3.5~4 特徴: 石灰質の骨格の部分をジュエリーに使用、そのため、熱、酸、熱い溶液などに弱く、長く使うと褪色する

4月
Diamond(ダイヤモンド)和名: 金剛石 ⇒ 硬度: 10 特徴: 地上で最も硬く、類い稀な輝きを持つ、概して化学的に安定しているが、結晶構造上弱い面があるため、割れやすい面を持つ

5月
Emerald(エメラルド)和名: 緑玉 ⇒ 硬度: 7.5~8 特徴: 一般的に内包物により曇っているものが多い、アクアマリンと同種のべりルグループに属し、その中で最も価値が高く、比類なき美しい緑色を放つ、割れやすいため注意が必要
<日本>Jadeite(ジェイダイト)和名: 硬玉、翡翠輝石 ⇒ 硬度: 6.5~7 特徴: さまざまな色があり、フェルト状の繊維状構造のため、強靭な性質

6月
Pearl(パール)和名: 真珠 ⇒ 硬度: 2.5~4.5 特徴: 大きさはピンの頭から鳩の卵大までさまざま、硬度は低いものの、驚くべき緊密性を持っており、簡単に押し潰せない、変質しやすく、乾燥と湿気、酸、汗などに弱い
Moonstone(ムーンストーン)和名: 月長石 ⇒ 硬度: 6~6.5 特徴: 青白い光沢を持つ、キャッツアイ効果が見られる

7月
Ruby (ルビー) 和名: 紅玉 ⇒ 硬度: 9 特徴: ルビーの赤色は産地によりさまざま、最高品質は、”ピジョン ブラッド(鳩の血色)” で知られるほんの少し青味のある真紅色、構造上一定方向に弱い面があるため、亀裂が入ることがある、サファイアと同種のコランダムグループに属す

8月
Sard Onix (サード オニックス) 和名: — ⇒ 硬度: 6.5~7 特徴: クオーツ(水晶)グループの中のカルセドニ―(潜昌質)種に属す、同種のサードとオニックスの組合せた色、サードの濃茶色(コーヒー色)とオニックスの黒と白色の縞模様の色の3層構造を持つ、この構造を利用してカメオが作られる
Peridot (ぺリドット) 和名: 橄欖(かんらん)石 ⇒ 硬度: 6.5~7 特徴: 油っぽいグリーシーな光沢、磨耗しやすく、傷もつきやすいので取扱には注意が必要

9月
Sapphire(サファイア)和名: 青玉 ⇒ 硬度: 9 特徴: サファイアの青色は産地によりさまざま、最高品質は、 ”コーンフラワー ブルー(矢車草の青色)” 、ルビーと同様に構造上一定方向に弱い面があるため、亀裂が入ることがある、コランダムグループに属す

10月
Opal(オパール)和名: —  ⇒ 硬度: 5~6.5 特徴: 虹色の輝きを放つ遊色効果を持ち、常に水分を含むプレシャス オパール、黄色~橙、赤色が特徴のファイア オパール、大部分が不透明で遊色効果を持たないコモン オパールの3種がある
<日本>Tourmaline(トルマリン)和名: 電気石 ⇒ 硬度: 7~7.5 特徴: さまざまな色、種類がある、単色の石は貴重、ほとんどは色調が結晶中で一様ではなく、2色以上の場合もある、緑と濃ピンク色の石、 ”ウォーターメロン”  はよく知らせている、時にキャッツアイ効果も見られる、和名の通り、帯電する性質を持つ

11月
Topaz(トパーズ)和名: 黄玉 ⇒ 硬度: 8 特徴: 和名の通り、やや赤味のある黄色の石が最も一般的に産出される、ピンク色は最も価値が高い、青色の石はよく知られている、結晶構造上弱い面があるため、割れやすい面を持つ

12月
Turquoise(トルコ石)和名: 土耳古石 (とるこいし) ⇒ 硬度: 5~6 特徴: 非常に多孔質のため染色しやすい、色の改良品もよく見らせる、品質を落とす変化は、光、汗、油や化粧品などの影響と石の水分が失われることによる
<日本>Lapis Lazuli(ラピス ラズリ)和名: 瑠璃 ⇒ 硬度: 5~5.5 特徴: 数種類の鉱物から成る、良質品は色が一様に配分されているが、斑点や縞模様をともなうのが一般的、万遍なく適度に配分されたパイライト(金色の小片)は高価になる、圧迫や高熱に非常に弱い、湯に浸すこと、酸、アルカリにも影響を受ける