航空祭 – ブルーインパルスを見て

晴天に恵まれた、2009年11月3日(火)の文化の日。埼玉県の入間市にある航空自衛隊基地まで、いつもの航空機好き仲間と足を運びました。

注目の演目は、航空機のエリート、戦闘機ブルーインパルス(T4型)のアクロバット飛行です。機体性能を極限まで追及する曲芸飛行ショーです。この日は、風が少々強くも、飛行日和。澄み渡る真っ青な空の上を、飛行します。一気に高度約1500m(約5000ft)まで上がり、その後は垂直に急降下(レインフォール)や、時には、円を描きながら(コークスクリュー)、また時には、正確に45°ずつ角度を変えながら、最後には背面飛行(フォーシップインバート)など。時速600kmのスピードと操縦の正確さには、エレガントささえ感じられます。

ブルーインパルス 航跡
ブルーインパルス 航跡

飛行とともに、大空に描くスモークの航跡も見事!

ブルーインパルス ハート型航跡
ブルーインパルス ハート型航跡

ハートの雲は、私達の平和と愛を願い航跡 を残してくれました。

ブルーインパルスの最低高度対地は、93m(300ft)、最高高度対地は、だいたい1550m(約5000ft)の飛行をするそうです。パイロットたちは、だいたい-2G~6Gまでの重力に耐えながら操縦しています。まさに、苛酷な中から生まれる滞空の芸術です。

▶ ブルーインパルスに関するサイト

http://www.blueimpulsefan.net/